グリーンフロア事業

写真: デバイス社屋

オフィスビルのグリーンフロア化により
脱炭素社会の実現に貢献します。

わたしたちは温暖化がもたらす気候変動に対して、2005年より温暖化対策の社内プロジェクトを実施し、技術や知見を蓄積してきました。その成果は「既存オフィスビルの開口部性能を大きく向上させるソリューション」の開発へとつながり、今日におけるグリーンフロア事業の礎を築きました。そして、2050年脱炭素社会の実現に向け、本事業のさらなる普及を目指します。

図: グリーンフロア事業の社会への普及度と脱炭素社会への貢献度、オフィスビルのエネルギー消費量 図: グリーンフロア事業の社会への普及度と脱炭素社会への貢献度、オフィスビルのエネルギー消費量

グリーンフロアとは?

わたしたちは「オフィスビルにおいて、建物本体に優れた省エネ性能(※1)をもたせることで、少ないエネルギー消費で、良質な室内環境(※2)を得ることができるフロア」を『グリーンフロア』と呼んでいます。

グリーンフロアは、ビルオーナーに「継続的な収益性の向上」を、テナントに「経費節減と快適ゾーンの拡大」を、そしてオフィスワーカーには「良質空間の提供による生産性向上」をもたらします。

※1「建物本体の優れた省エネ性能」とは?

建物外皮(天井、床、外壁、開口部)の断熱・遮熱性能を高めると、室内・室外の温度差による熱移動や日射熱の影響を小さくすることができ、暖冷房にかかるエネルギーを削減することができます。建物外皮のうち開口部の断熱・遮熱性能は天井や床、外壁と比較して低いため、その性能向上を図ることは、建物外皮性能の底上げに大きく寄与することができます。

※2「良質な室内環境」とは?

  1. 窓付近と室内中心部、天井面と床面との温度差が小さく、快適な温度で室温が安定していること
  2. 日射熱を遮りつつ、心理的にも有効な自然光の恩恵を受けられること
  3. 外部騒音(交通騒音、風切り音、雨音など)の影響を受けにくく、静かな空間であること

※「グリーンフロア」は、株式会社デバイスの登録商標です。

グリーンフロアを実現するソリューション

わたしたちは「建て替えや大規模修繕ではなく、今あるオフィスビルを大切にしたい」という思いから、既存開口部を活かしたソリューション「ダブルスキン・インナーガラスユニット 『トロポス』」を提案しています。

ダブルスキン・インナーガラスユニット トロポスについて

一般的な開口部性能のオフィスビル

オフィスフロアのうち外気や日射の影響を受けやすい「ペリメーターゾーン」の窓付近については、寒暖を補うため、多くの空調エネルギーが必要となります(オフィスビル全体のエネルギー消費量のうちおよそ半分を空調が占めると言われています)。

図: 一般的な開口部性能のオフィスビル 図: 一般的な開口部性能のオフィスビル

既存開口部に「トロポス」を導入したオフィスビル

既存開口部に「トロポス」を導入すると、ペリメーターレス化の建築手法として知られる「ダブルスキン」と同等の断熱・遮熱・遮音性能を発揮。窓近くでも暖冷房が効きやすくなり、フロアの大部分がインテリアゾーンへと変わります。また、空調負荷の低減、効率の改善、設定温度の緩和などによって、エネルギー消費量が低減。少ないエネルギーで良質な室内環境をつくる「グリーンフロア」を実現します。

図: 既存開口部に「トロポス」を導入したオフィスビル 図: 既存開口部に「トロポス」を導入したオフィスビル

オフィスビルを「グリーンフロア」化した場合のメリット

トロポス導入によってグリーンフロアを実現したオフィスビルでは、ビルオーナーに「継続的な収益性の向上」を、テナントに「経費節減と快適ゾーンの拡大」を、そしてオフィスワーカーには「良質空間の提供による生産性向上」をもたらします。

グリーンフロア化のメリット
ビルオーナー
  • 空調に係るエネルギー消費量の低減、ピーク電力カットによる電力コスト低減
  • 空調設備のダウンサイジングやペリメータレス空調の省略などによる更新コスト低減
  • テナント企業のオフィスフロアに対する満足度の向上
  • 賃貸オフィスビル市場における差別化、競争力向上
  • トロポスの耐用年数は半永久的のため経済的な運用が可能
テナント企業
  • 空調に係るエネルギー消費量の低減による固定費の低減
  • 窓際まで良好な温熱環境になり、契約床面積を最大限に活用可能(レイアウトの柔軟性向上)
オフィスワーカー
  • ストレス(熱・騒音)が少なく、健康的なオフィス空間により、働きやすさと生産性向上に貢献

業務実績

建築ソリューション事業

写真: 軽井沢千住博美術館

PHOTO : DAICI ANO ©HIROSHI SENJU MUSEUM KARUIZAWA

案件毎の設計意図を深く理解し、
実現に向けた最良の具現化案を提供します。

建設会社や建築設計事務所と協業をさせていただくなかで、案件毎の設計意図を深く理解し、デザインや性能、コスト、工期を満たせる最良の具現化をいたします。

主なご提案先

建築設計事務所、建設会社、住宅メーカー、不動産デベロッパー

業務実績

製品開発・販売事業

写真: ガラス庇「キトラ」

建築ソリューション事業で培った技術を活かし、
ユニークな製品開発・製造・販売をおこないます。

製品

業務実績