八木山ベニーランド エントランス

物件名
八木山ゲートテラス
竣工・施工
2017年
所在地
宮城県
設計・監理
株式会社AL建築設計事務所
施工
株式会社阿部和工務店

バックマリオンタイプ カーテンウォール工事

概要  株式会社AL建築設計事務所HPより引用
開園以来、広く東北一円の人々から親しまれている仙台市太白区の遊園地「八木山ベニーランド(1968年開園)」エントランス部分の新築工事。2011年の大地震により旧チケット売場が被害を受けた。
新エントランスの設計では、奥まっていたチケット売場を前面に移し、併せて10m下のお土産品店舗を併設。両者でゲートを構成しつつ、このゲートそのものを広場の延長空間として園内を一望する視点を与えた。これにより、通過動線と化していた前面広場に地域の人々が佇むことのできる場所を生み、かつ、既設ポンプ小屋を鞘堂的に覆い隠しながら、複雑な地形とロケーションに新たな視点とレイヤーを重ねた。

写真撮影:稲継泰介氏