南方熊楠記念館新館

物件名
南方熊楠記念館新館(Minakata Kumagusu Museum)
竣工・施工
2017年
所在地
和歌山県
設計・監理
株式会社シーラカンスアンドアソシエイツ一級建築士事務所
施工
東宝建設株式会社

外部ガラスファサード工事
38mm見付バックマリオンシステム(一部曲げガラス)

掲載雑誌  新建築 2017 6

概要(Design Concept) CAt/ C+A tokyo 製作小冊子より引用
紀伊半島の南の海、山、川の自然豊かな場所に位置する、和歌山県が生んだ世界的博物学者『南方熊楠』翁の偉大な業績と遺徳を偲びその文献、標本類、遺品等を永久保存、公開する記念館の新館。
1Fピロティ部分は、半アーチ+ピン柱の軽快な構造。2Fの資料展示室、空中庭園となる屋上と、《浸・閉・開》の3層の断面構成で、周囲の素晴らしい環境に溶け込むことと、貴重な資料を守ることの両方を考えて計画している。建物中心の南方熊楠の思考のベースとなった膨大な量の自筆資料が転写された《ランタン》が、施設のアイコンとなる。

写真提供:CAt